仕事も育児も真剣に取り組む新しいワークスタイルの先駆者

2006年プライスウォーターハウスクーパース(旧べリングポイント)に入社し、財務・経理を中心とする業務コンサル部門に所属。
グループ経営に関するアドバイザリー業務に多く従事し、持株会社体制移行、シェアードサービス会社設立、グループ会社統廃合などの組織再編や、グループガバナンスやグループ経営管理などの制度構築を担当。現在は1児の母として、育児と仕事の両立に取り組む。

「経営コンサルタントは会社のお医者さん」という本に書かれていたフレーズに惹かれて、高校時代にコンサルタントになることを夢見た福本 悠さん。大学では経済学部に入り、公認会計士としての勉強も積んで、念願の職業につきました。その後、仕事のキャリアを積んできただけではなく、結婚し一児の母となった現在も、最前線で活躍しています。仕事と育児の両立を目指した新しいワークスタイルと、経営コンサルタントとしての働きがいについて伺います。

一番カッコいいフレーズがコンサルタントだった

PwCに入社されたきっかけや目標は?

高校時代に職業に関する本を読んだときに、経営コンサルタントは会社の悪いところを良くする仕事だというイメージを抱きました。その本には「会社のお医者さん」というフレーズで紹介されていて、自分が調べた仕事の中では、一番カッコいいと感じたのです。それで、経営コンサルタントになることを目指して経済学部のある大学に進学して、公認会計士資格の学習を行っていました。そして就職活動をはじめたときに、PwCになる前のべリングポイントの説明会に行って、面接でいろいろなお話を聞くうちに、「いろんなことを経験できそうだな」と思って、入社を決めました。
また、会計士の勉強をしていた時に、監査という仕事ではお客様の戦略的な部分などに踏み込めない、という役割の違いを感じて、より深く会社の経営に関われる仕事として、経営コンサルタントを選んだのです。

もっとも印象に残っている成功体験は?

10年というキャリアの中で、ひとつあげるとすれば、ホールディングスと呼ばれる持株会社への体制移行のプロジェクトです。通常の経営コンサルタントの仕事では、経理部門とのお取引が多いのですが、持株会社への移行プロジェクトでは、全社にまたがる仕事なので、経営企画部や事業部、経理部、人事部など、全部門の方々と同じ1つの目的に向かって一緒に議論し、新しい経営体制を築きあげていったのです。そのときの高揚感が、とても印象に残っています。入社して、はじめて入った仕事でもあったので「やっぱりコンサルタント面白いな」と感じて、いままでずっと仕事を続けてくるモチベーションになりました。

仕事と子育てを両立できるリーダーとして後輩の手本となる仕事を目指していく

もっとも苦労されたエピソードは?

「教科書に書いてあるようなきれいごとを振りかざしても受入れられない」と現業部門から大きな反発があったプロジェクトの経験です。それは、決算早期化のプロジェクトで、経理以外の業務改善に取り組んだときのことです。経理部門が主導して、現場の業務フローを変えようとしたときに、理屈だけを説明しても実際の業務に携わる人たちには受け入れてもらえないのだと身に染みて実感しました。その問題を解決するために、時間をかけて対話を重ね、実態をより深く理解し、クライアントの状況にあった改善イメージを提示しました。そして、比較的容易に対応できるところから取り掛かって、実際の改善効果を実感してもらってから大きな変革に移るようにして、協力体制を構築していきました。そのときに「クライアント・ファースト」という言葉の大切さを再認識しました。それ以来、常にお客様を最優先に考えて、現場の業務にあった形でソリューションを提供することを心がけています。

現在の仕事でやりがいを感じていることは?

大きなプロジェクトに参加できることです。これまではメンバー数の少ないプロジェクトが多く、自分ひとりでどれだけ広範囲をカバーできるかという視点で動いていました。しかし、いまは大規模なプロジェクトに参画しているので、チームワークが非常に求められます。最近では、チームとしての相乗効果を生み出し、各メンバー単独ではなしえない価値をいかに生み出すか、ということにやりがいを感じています。いままでよりも、よりお客様の経営情報なども把握できる立場になると、さらに深いところまで提案していける仕事になりました。その責任も重い分だけお客様からいただく「ありがとう」という言葉に、より一層の喜びを感じるようになりました。

今後どのようなキャリアを積んでいきますか?

そこは見えていないんですけど。(笑)
キャリアという意味で上を目指そうとすると、お客様と一緒の現場で働くというよりも、よりマネジメントが中心の仕事になっていくと思います。自分としては、よりスキルアップして、お客様のお役に立ちたいと願っています。また、現在は一児の母なので、独身時代と比べると子育てと仕事の両立は、とても大変です。時には、プロジェクトのメンバーにも迷惑をかけたりするのですが、それでも「福本さん来てください」という自分だけの専門領域だけは作りたいな、と思っています。そして、お母さんでマネージャー以上のキャリアを積んだ経営コンサルタントとして、後輩のモデルになれるように、シャキッとしていきたいな、と思っています。

PwCで働きたいと思っている若い人に、応援とアドバイスをいただけますか。

コンサルタントの仕事は、山登りに似ているような気がします。プロジェクトが佳境に入れば、夜中の4時や5時まで会社で資料を作って、その日の朝も早くから出社するなど、ハードワークになることもあります。時には、お客様と喧々諤々の議論を戦わせたり、膝を突き合わせて意見を述べあったり、普通では対峙できないような経営トップや役員とも真剣勝負になります。それでも、終わった時の達成感や、大きなものを成し遂げた充足感は、何物にも代え難い喜びです。そして苦労した分だけ、短期間で様々な経験をすることにつながるので、チャレンジを楽しめる方や、人の役に立つことが好きな方を、お待ちしています。

これだけは誰にも負けない得意技はありますか?

仕事と育児の両方を楽しむための工夫です。
子供が生まれると、長時間労働をすることができず、ある時期から早く帰ろうと決めました。そのときから、自らのマネジメントを改善するために人一倍考えて、好きな仕事も大事な育児もおろそかにしないための働き方には、真剣に取り組んでいます。