自分の作った仕組みや仕掛けによって人の心を動かしたい

大学院時代は農業工学の研究に従事するも、「人を変える仕掛け・動かす仕組みをつくりたい」という想いから、2011年に入社。
入社後は一貫して人事コンサルティング領域に従事し、人材マネジメント戦略策定および人人事制度構築、人材育成体系の構築および運用、マネジメントトレーニング設計、人材データアナリティクスなどのサービスを提供している。

学生時代は農学部の研究室で、工学系の勉強をしていた古川琢郎さん。しかし、就職活動では農学系にこだわることなく、自らの成長性や人材の幅広さなどに注目して、総合系のコンサルティングファームに興味を抱くようになりました。現在は、ピープル&チェンジ部門でクライアントの人事戦略や制度設計に携わっています。そんな古川さんに、「人の心を動かす」ために努力される仕事への熱意を伺いました。

製品ではなく人への高い要求に応える仕事

PwCに入社されたきっかけや目標は?

就職活動時代に会社選びで考えていたポイントは、自身の成長スピード、関わる人材の幅広さ(社内外)、仕事の内容や働き方とのマッチング、という3点でした。このポイントから、PwCのような総合系のコンサルティングファームは魅力的でした。最終的にPwCを選んだ決め手は、パートナー面接が他社に比べて印象的だったことです。それは「コンサルは製品を持っているわけではない、だからお客さんからクレームがくるときは製品のクレームではなく人にクレームがくる、それに耐えられるか」という言葉でした。もちろん、他のコンサルティングファームや商社に銀行なども同じように人が商材であるというような話はされましたが、非常に心に響く言葉だったこともあり、その縁を信じ、入社を決めました。

もっとも印象に残っている成功体験は?

最も印象に残っているプロジェクトは、ある大手部品メーカー向けのグローバル人材マネジメント方針の策定と国内人事制度の改定支援でした。当初は国内の人事制度改定のみ、というプロジェクトでした。しかし、クライアントの経営環境の分析や役員のインタビューを通じて、国内の制度のみならず、中期的なあるべき姿としてグローバルでの人材マネジメント方針を描く必要性をPwCチームとしては感じました。そこで、グローバルでどのような人材を採用し、育て、配置し、管理し、評価して処遇すればよいのか、そのためのロードマップを描き出しました。社長報告時において、「こういうことがやりたかった、早速明日からやってほしい」という感想を頂き、そのプロジェクトは現在も進行中です。

経営トップの視点や視座をダイレクトに感じる醍醐味

もっとも苦労されたエピソードは?

もっとも苦労したのは、入社から3年目に初めてマネージャークラスの役割を担当した時です。あるプロジェクトにおいて、普段はマネージャークラスの方が担当される最終成果物作成のリード・マネジメントと、実作業されるメンバーへのレビュー、そしてクライアント役員へのプレゼンを担当することになりました。とても重責でした。それをどのように乗り越えたかというと、他の先輩や上司がかつて自分にレビューしてくれた内容を自分なりに実演し、何をクライアントに伝えなければいけないのかを考え続けました。そして自分ではどうしてもカバーできない観点や視点についてはさらに上のディレクタークラスの方に意見をもらったりしました。

現在の仕事でやりがいを感じていることは?

やりたいことができていることと経営トップの視点や視座をダイレクトに感じることができる点です。私は「自分の作った仕組みや仕掛けによって人の心を動かしたい」という思いが根底にあり、いかにして社員をあるべき人材像に方向づけるか、どのようにして育成するか、といった経営課題を主に取り扱う今の仕事には、非常にやりがいを感じています。もっとも、目に見えて効果が出てくるには時間がかかることが多い領域なので、ややもどかしいですが。同時にそういったことを考える上で、プロジェクトでは社長や経営に近い組織や階層の方がクライアントのカウンターとなる機会が多いため、そういう方々の視座・視点に合わせてディスカッションすることは非常に刺激的であり、やりがいがあります。

今後どのようなキャリアを積んでいきますか?

現在アサインされているプロジェクトもそうなのですが、PwCの内外も含めた様々な専門チームとのコラボレーションプロジェクト、そしてそれらをマネージする経験を積みたいと考えています。もちろん自身の中核的な専門性である組織・人材マネジメントに関しては、引き続きスキルを高めていきますが、クライアントの本質的な課題がそこではない時ももちろんありますので、そういったものも含めて拾えるように、一定語れるようになりたいと思っています。

PwCで働きたいと思っている若い人に、応援とアドバイスをいただけますか。

コンサルティングファームはどこも積極性や主体性を求められる風土は強いですが、PwCは特にそうだと思います。手を挙げて、やりたいことを説得できるだけのロジックとパッションがしっかりあれば、会社は全力でサポートしてくれます。いろんな人がいろんなことをできるので、常に変化していくファームですが、そういう環境で自身もどんどん変化したい人、主体的に色々な活動をしたい人は大歓迎です。

これだけは誰にも負けない得意技はありますか?

昔からピアノをしていたり、学年代表的なことをしたり、大学時代にはフィギュアスケートなんかをしていたので、人前で舞台に立つことは得意ですし、好きです。そのためのメンタルコントロールも積んできました。コンサルタントでもプレゼンする機会は多いので、この経験は非常に役立っています。ただ当たり前ですが、何事も上には上がいるもので、社内にも「あの人のプレゼンは凄いな」という人がいて、色々と参考にしています。