魅力的な先輩やパートナーに惹かれてPwCを選んだ

大学卒業後、2013年に新卒でPwCに入社。
研究開発から販売後のアフターマーケットまで、企業のバリューチェーン全体に関わるコンサルティングを行うOperations部門に所属。通販大手に対するシステム改修案件、総合家電メーカーでの在庫削減案件・業務改善案件、外資系製薬企業でのデジタルマーケティング施策立案案件に従事するなど、幅広い業界・領域で活躍している。

学生時代から付き合っていた女性と、先日ゴールインした寺澤雄輝さん。仕事とプライベートの両立を何よりも大切にし、それを実践している先輩のライフスタイルを尊敬し、自らも見習っています。インターン時代に出会った先輩やパートナーに惹かれて、コンサルタントの道を選んだ寺澤さんに、PwCの仕事と人の魅力について伺いました。

PwCはコンサルの百貨店のようなファーム

PwCに入社されたきっかけや目標は?

入社のきっかけは大きく2つです。
1つは、インターンでの先輩方の関わり方です。もう1つは、目標にしたいと思えるパートナーとの出会いです。
PwCのインターンでは、先輩社員が各チームに1人以上がメンターとしてアシストし、それ以外のシニアな社員も様々なロールで参加します。私は他社の選考でもいくつかインターンやジョブを経験していたのですが、これだけの人数と手間をかけて先輩社員がコミットしてくれた会社はありませんでした。人を大事にする会社というのは各社宣伝する内容かもしれませんが、それを強く感じることができたのは大きなきっかけとなりました。しかも、入社して私が逆の立場になって知ったのですが、インターンへのコミットメントは、社員にとってはなんの報酬や評価もなく、皆が自分の意思で参加していたのです。自分の直感は間違っていなかったと改めて認識した瞬間でした。
もう一つの入社理由であるパートナーとの出会いもそのインターンでした。彼にはインターンの場で見初めていただき、その後の最終選考や内定者時代にもお話しする機会をもっていただきました。彼は、グローバルと日本が関わった大規模プロジェクトで、数時間しか寝られない時期があった話などを教えてくれました。普通なら少し引いてしまうのかもしれませんが、本当に楽しそうに伝えてもらったので、自分もそこまで様々な人に必要とされるような、すごいコンサルタントになりたいと素直に思ったことを覚えています。
入社後、どこまで近づけているのかは分かりませんが、その時の気持ちは今も目標として持ち続けています。

もっとも印象に残っている成功体験は?

2年目に参加していたプロジェクトで、大規模な体制変更があった時です。
以前は、私とシニアマネージャー、マネージャーの3名で業務改革プロジェクトを行っていたのですが、我々の支援していた領域でのシステム化案件、別領域での営業支援案件が同時期に立ち上がりました。同時期に、マネージャーの方がプロジェクトを抜けて既存メンバーが1人減り、一気に6名の新メンバーと代替メンバーがジョインしました。シニアマネージャーがプロジェクトの総責任者だったのですが、営業支援プロジェクトに割かれ、作業する場所も異なっていたため、我々の業務改革およびシステム化領域にはあまり時間をかけられないという状況になりました。
そのような状況下で、私はマネージャーの代替メンバーとして来たシニアアソシエイトの立ち上がりを支援しながら、既存の案件を推し進めました。同時に、システム化の案件で新しく入ってきたシニアアソシエイトやアソシエイトメンバーのサポートも行いました。クライアントとのリレーションやクライアントの知識があるのが私だけで、あの時の状況は今思い返してもかなりタフだったと思います。 PwCはコンサルの百貨店のようなファームなので、私も1年目にシステム関連の案件を経験していたおかげで、その領域にも少し知見があり、両方の案件の中で接着剤のような役目を担いました。自分の中で、PwCでの過去の経験が血肉となっているのを感じた時間でした。他の部門のシニアマネージャーから「寺澤さんが現場マネージャーみたいですね」とかけていただいた言葉は、今でも小さな成功体験として私の胸に残っています。

先輩社員を見習って理想のワークライフバランスを目指す

もっとも苦労されたエピソードは?

成功体験となったプロジェクトの立ち上がり時期は、最も苦労したタイミングでした。
業界としても初めてのクライアントだった上に、それまではシステムの案件をメインに担当していた私にとって初となる業務改革領域だったので、当初は思ったようなバリューを発揮できませんでした。
これまでの評判を聞いてそれなりに高い期待値を持って私を迎えてくれていたジョブマネージャーからの失望もあり、個人的にはとても辛かったです。それまでは、自分は仕事ができると信じて疑っていなかったので、初めての挫折経験だったのかもしれません。
逆転ホームランを狙っても上手くいかない、というような状況を繰り返していた私を変えてくれたのは、前のジョブでお世話になったマネージャーの方からもらったアドバイスでした。「大きな目標は持ちつつも、小さいな改善や足元の補強から一歩一歩進めていくしかない」との話を本当に親身になってしてくださり、その通りに実践することで徐々に状況を改善し、結果的に成功体験につながる成果となりました。

現在の仕事でやりがいを感じていることは?

常にチャレンジャーである点ではないでしょうか。挑戦し、乗り越え、その証としてクライアントからのリアクションを得る。それが、この仕事の醍醐味だと私は思っています。
我々の働き方はルーティーンワークではないので、常に新しい業界、新しい領域、新しいソリューションへの挑戦が伴います。そこでいかにいち早くキャッチアップし、クライアントに対して価値を出すかが必要になります。この繰り返しの中で、チャレンジとは別のところで、普遍的に自分の中にある対クライアント価値の源泉のようなものが作られていきます。私もそういうものを今まさに築けてきているような実感があります。
また、プロジェクト内の役割としても、本人が望めば、PwCは常に高いボールを投げてくれる職場だと思っています。その分だけ大変なところはありますが、それを乗り越えることで自分自身に対してそれまで以上の大きな自信が生まれます。そうしてクライアントから感謝の言葉をかけてもらえた時は、堪らない気持ちになります。

今後どのようなキャリアを積んでいきますか?

私は、この会社とこの業界でこれからもキャリアを積んでいきたいと考えています。
パートナーの姿に憧れて入社した気持ちは、今も変わっていません。今は誰か上の人がプロジェクトを立ち上げることで初めてメンバーとして参画できる役割です。しかし、今後はプロジェクトの責任者として部下をマネージしながらクライアントに価値を出し続けたいです。そして、新たなクライアントに積極的にコンタクトを取り、彼らに自分の強みを生かした価値を提案していく役割を担いたいと考えています。
入社以来、常に自分より2階級以上も上の先輩の仕事を見ながら過ごしてきました。彼らの中で参考にしたい点を自分の中にどんどん蓄積していって、今後も自身のコンサルタント像をアップデートし続け、それに向けて常に前進していきたいと思っています。

PwCで働きたいと思っている若い人に、応援とアドバイスをいただけますか。

PwCという会社がクライアント企業に最も価値を提供できる秘訣は、その「総合力」です。全世界に20万人近くの仲間を持ち、日本でも戦略・財務・システムのコンサルタントだけでなく、会計士・税理士・弁護士も加わったPwCには、多くの課題を解決できる「総合力」があります。クライアントの各種の要望に、常に専門家を割り当てることができます。そして、そんなPwCの総合力の源泉となっているのは、我々の「一人一人を大切にする企業文化」だと思います。我々は、新しく入ってくる皆さんを熱望していますし、入社後も全力でバックアップしていきます。なぜなら、そうして新しいつながりを生んでいくことが我々個人にも、PwCという会社にもよりプラスになるからです。
PwCでの仕事は常に挑戦を伴うので、思うとおりにいかないことも多々あると思います。ですが、そんな時も私を含めた多くの先輩たちが皆さんを手助けしたいと思っています。挑戦を恐れず、自分を高めていきたいと思うなら、是非飛び込んできてください。自分自身と、多くの仲間たちの力が合わさった「PwC Experience」をクライアントに提供するときの気持ちは、皆さんも病み付きになると思います。

これだけは誰にも負けない得意技はありますか?

お恥ずかしながら、仕事とプライベートとの両立です。実は、学生時代から付き合っていた女性と、つい先日ゴールインしました。
コンサルの働き方で良い点は、働く時間や場所をある程度コントロールできることです。私もそこを活かして、最大限に働きつつも、しっかりちゃっかりプライベートな時間は確保し続けています。休日だらだらしたり、ジョブの合間に長期で休みを取って旅行に行ったり、先輩社員に誘ってもらったプライベートなBBQに連れていったりすることで、入社後も互いの絆を深めることができました。
今後は奥さんの出産や、子供の幼少期においても、この働き方を活かしてしっかり子供の成長を間近で見ながら生活していきたいと思っています。これは実際に私の先輩の例ですが、その方は子供をお風呂に入れるために夕方6時には退社し、子供が寝た後に作業を進めていました。これも、アウトプット主義のコンサルだからこそ可能な働き方ではないでしょうか。
彼を理想に、これからは良い旦那と優しい父親を両立していきたいと思っています。もちろん、仕事も。